行動を止めずに動き続ける ~SBC0期 Day6~

猪原有紀子さん主催の「ソーシャルブードキャンプ(SBC)」は、2022年10月にスタートしました。この講座は世の中に【価値を残す人材】をつくる!を目的とし、新時代のソーシャルビジネスを学び、つくりだす4ヶ月間の超実践プログラムです。

少数精鋭の14人のメンバーが、「自分」「社会」「ビジネス」のど真ん中で、取り組みや事業を立ち上げます。全くの未経験の状態からどうやってゼロイチをつくってきたのか?猪原さんによる実体験からのセミナーとメンバー同士の活発なアウトプットが行われています。

全9回にわたって猪原さんによる講座が開催され、テーマに沿った反転学習と受講メンバー同士のアウトプットが活発に行われます。

本記事では、2022年12月3日(土)に開催されたDay6の様子をお届けします。

プレゼンをして得た気づき

今回は「プレゼンブックの内容を5人にプレゼンしてみよう!」という前回出された宿題のFBから始まりました。

家族や友人など身の回りの人にプレゼンをしてみた受講生の感想を一部ご紹介します。

ゆなさん

自分の思いを外に出してみるとより解像度があがった。

人にプレゼンしてみると似たようなことを感じていても、ピックアップする部分はそれぞれ違うので、そこでまた自分にしかできないことが分かりました!

また、いつもは飲み友達でも真面目な話をぶつけてみると、意外に共感してくれるということがわかって、これからも情報交換しようというふうになりました!

あすかさん

旦那さんにプレゼンしたら私の思いを持って市議会委議員に立候補することになりました!

もし当選したら今よりも少しでも多くの人に私の意見を聞いてもらうことができるようになるかもしれないです^^

大切なのは行動を止めないこと

プレゼンをして手応えや新たな課題が見つかった受講生たち。

有紀子さんから一人一人に対する丁寧なFBを頂き、受講生たちのプレゼン内容はさらにパワーアップしていくことでしょう。

改めて、有紀子さんは多くの人にプレゼンをすることの大切さを教えてくださいました。

私はこれをやりたい、私が何をしたらワクワクするか?は自分にしかわからない。

自分の意見を聞いてくれる人が多くなることで自分のやりたいことの成功確率が上がる。

今まで何も動かなかった時と比べて、少しでも動くと「静」の空気が「動」に動くので、動いてるのは変わった証拠。

行動を止めずに動き続けることが何より大切なことだと感じました!

実際、有紀子さんは通算100人の人にプレゼンをしたそうです!

町の公共施設に人を集めて大勢の前でプレゼンしたこともあるのだそう。

2年使ったプレゼンブックは破れたりしてもうボロボロだと仰っていました。

シンプルに誰のどんな課題を解決したいか?を考える

身の回りの人にプレゼンをしてみて、より自分の事業内容に磨きをかけていく受講生たち。

人に話しFBを頂いたことで頭がいっぱいになってしまったり、何から改善すればいいか分からなくなってしまっている受講生に対して、有紀子さんは「シンプルに誰のどんな問題を解決したいか?」を考えることが一番大切だと仰っていました。

そして、受講生たちはSBC Day7の開催までに何をやるかを宣言!

・インプットをするために有紀子さんの推薦図書5冊全て読みます!

・夢アワードにエントリーします!

・フェアトレード商品に関われるよう調査をします!

などなど、宣言は人によって様々。行動を止めずに、新しい挑戦を積み重ねていく受講生たち。

受講者それぞれが作成したプレゼンブックが今後の活躍に向けた礎となるよう、SBCでは引き続きサポートを続けて参ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA