株式会社やまやま 猪原有紀子

株式会社やまやまは、社会課題を解決しながら子どもにとっていい社会をつくります。

社会起業実践プログラムSBC

手段とベネフィット

株式会社やまやまの猪原です。

あなたが話していることって
「手段」「ベネフィット」どっち?

例えば私の受講生に
空き家の課題を解決する
事業をやってる人が
いるんですけど、

彼女は元不動産業で
かつ記録がとっても好きで得意!

という強みを生かして
家の思い出を記録して
一冊のフォトブックにすることで
空き家になってしまう前に
家族で家のことを
話し合うきっかけにしたり
持ち主の心のお守りにして
家を手放すきっかけにする

という素敵なサービスをやってます。

最初、彼女は
「記録」ということを
全面に押し出してたんだけど

記録っていうのは
あくまで「手段」
ユーザーからしたら
どうでもいいことなんですね

例えば高齢の母親が
1人で住んでいる
一軒家があるとして

親が施設に入った後
この家をどうするか
っていう課題はあるけど
なんとなくその話を
みたいなお悩みって
めちゃくちゃあるんです

そんな方に「記録で!」
っていったところで何も刺さらない

これはただの「手段」だからです。

じゃぁ、どうしたらいいのかってのは、
以下に書いたよ

ベネフィットってゆーのは
そのサービスを購入すると一体何がいいわけ?

ってことです。メリット、利益。

今回「記録」は手段の1つだけど
「ベネフィット」は例えば
ーーーーーー
センシティブすぎて家族といえど
話題にできない家どうするか問題を
自然にできるし、空き家になる前に
手を打てる。
ーーーーーー

ってことになります。

例えば親が老人ホームに入っている段階で
あの家どうするかみたいな話ってできないですよね?

でも、親にヒアリングして間取りとか
近所のお店とかあの家での暮らしを
1冊のフォトアルバムにしよう。

それをお母さんにプレゼントするよ
だったら、親も喜ぶし
子ども世代もその記憶は残したいって思う。

自然と家の話もできるし
ハートフルに空き家を未然に防ぐことも可能。

こういった感じで、購入してくれる
決裁権者に対して、一体何がいいのか?
ってところがベネフィットです。

手段を一生懸命はなす人がめちゃくちゃ多いので
自分では気がつかないあるある。

✧ ━━━━━━ ✧

女性のための社会起業スクールSBC🤱🏫
自分 x 社会性 x ビジネス


あなたの持っている原体験スキルを活かして
社会がよくなるサービスを生み出し

充実した人生を実現する


具体的なステップ
具体的な成功事例が動画で届く
社会起業をつくり方講座をLINEで
お届けしてます


あなたの原体験をパワーにできる
社会にいいことができる

でもボランティアではない

しっかり収益を出す。

自分、社会、ビジネスの
ゴールデンサークルの
ど真ん中でやると上手くいきます!

\友達追加でプレゼント/

🎁150人が受講!ソーシャルビジネスのつくり方セミナー動画 

🎁無添加おやつが1年間で500人のサブスク会員!レポート

🎁実際の講演で使っている400枚のcanvaスライド資料

【プレゼント1】
ソーシャルビジネスのつくり方セミナーvol.1〜vol.3

↓↓↓

Vol.1の内容は、廃棄フルーツを活用した「無添加こどもグミぃ〜。」耕作放棄地を再生した「くつろぎたいのも山々」この事例からソーシャルビジネスを学ぼう!です。

Vol.2の内容は、ソーシャルビジネスに必要な7つの力を学ぼう!
Vol.3の内容は、人前で話すことが苦手な方も大丈夫!どうやって応援を頂いてきたのかを学ぼう!です。

【プレゼント2】
無名の主婦の無名の無添加おやつが1年で定期会員500名!私がやった10のこと。

↓↓↓

【プレゼント3】
canvaスライド資料プレゼント

実際の講演資料をそのままプレゼントしています。プレゼンや構成の参考になれば幸いです。

↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA