株式会社やまやま 猪原有紀子

株式会社やまやまは、社会課題を解決しながら子どもにとっていい社会をつくります。

社会起業実践プログラムSBC

37歳社会起業家の過疎地域に年間7000組の 集客方法

和歌山でサスティナブル企業を経営する37歳社会起業家の猪原です。

和歌山県かつらぎ町につくった
くつろぎたいのも山々
というキャンプ場には
年間7000組のお客様が、訪れます。

集客する上で
私がぜったいにやらないことを
先にお伝えすると
ズバリ
地域の自然や文化、特産品を
SNSやホームページで
発信することです

え?地域の魅力を
伝えた方がいいんじゃないの?
と思ったそこのあなた

そんなことをしてしまった時点で
それはもう他と同じ
よくあるやつに
なってしまいます

かつらぎ町って
串柿生産ナンバー1
の町なんです
自然も豊かです!
来てください!
って言ったところで
誰もきません
何も
魅力的に感じません

じゃぁ何を発信したら
年間7000組のお客様が
過疎地域に来てくれたのか

「くつろぎたいのも山々」は確かに
自然豊かなフルーツ王国かつらぎ町にあります。

でも自然豊かなフルーツが豊富な町なんて
全国にあるわけです。

「くつろぎたいのも山々」に来てくれたら
一体お客様にとって何がいいのか?

それは「子連れでも全く疲れない」
ということがいいんです。

子連れで観光農園やキャンプ場に
いったことがある方は分かると
思いますが、基本的に子どもから
目を離すことはできません。

そういう施設は、ちょっと目を離すと
子どもがどこかに行ってしまう
可能性があって不安だからです。

ご飯をゆっくり食べることも
できません。

だがしかし、くつろぎたいのも山々
は子どもから目を離せちゃうんです。

敷地内がほどよい広さで一望でき
死角がないからです。

スタッフがずっと子どもの遊び相手をしてくれます。

1日の利用者数を限定しているので
不特定多数のお客様が利用することはありません。

全てのお客様の個人情報を私たちが把握している状態で、
かつ、土日祝日は子連れ家族しか入れません。

「子連れのおでかけなのに疲れない」
このベネフィットを発信しています。

だから和歌山の過疎地域にもかかわらず
東京や千葉、名古屋、遠方から噂をききつけた
お客様がご来場くださるんです。

\友達追加でプレゼント/

🎁150人が受講!ソーシャルビジネスのつくり方セミナー動画 

🎁無添加おやつが1年間で500人のサブスク会員!レポート

🎁実際の講演で使っている400枚のcanvaスライド資料

【プレゼント1】
ソーシャルビジネスのつくり方セミナーvol.1〜vol.3

↓↓↓

Vol.1の内容は、廃棄フルーツを活用した「無添加こどもグミぃ〜。」耕作放棄地を再生した「くつろぎたいのも山々」この事例からソーシャルビジネスを学ぼう!です。

Vol.2の内容は、ソーシャルビジネスに必要な7つの力を学ぼう!
Vol.3の内容は、人前で話すことが苦手な方も大丈夫!どうやって応援を頂いてきたのかを学ぼう!です。

【プレゼント2】
無名の主婦の無名の無添加おやつが1年で定期会員500名!私がやった10のこと。

↓↓↓

【プレゼント3】
canvaスライド資料プレゼント

実際の講演資料をそのままプレゼントしています。プレゼンや構成の参考になれば幸いです。

↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA