WORK

「無添加こどもグミぃ〜。」企画販売

長男がイヤイヤ期の時、カラフルなグミが大好きになる。

添加物まみれのお菓子を与えるのがイヤだったが、騒がれると「5分でいいから静かにして!」と

黙らせるために与えてしまい罪悪感。

イライラが抑えられずに不用意に怒りすぎてしまっては罪悪感。

日々の育児ストレスの中、子どもの寝顔を見ながら「怒りすぎてごめんね」と泣く日々が続く。

市販のお菓子は「無添加」と書いていてもたくさんの添加物が入っていることから、

本物の無添加でカラフルで甘くて、小さくてグミのようなお菓子があればいいのに!と

思っていた時、かつらぎ町で農家が大量の柿を畑に捨てている光景を目にし、

廃棄フルーツで無添加ぐみを開発することを決意。4年がかりで販売にこぎつける。

====

ご購入はこち

インスタはこちら

====